サービスの特徴

POINT 1 安価なコスト

端末の低コスト化
端末導入コスト低減のため、TMN端末はシンクライアント方式を採用しました。導入コストの足かせだった、複雑な処理機能は全てTMNセンタに移行することで、端末機能の簡素化、低価格化を実現しました。
お客様における電子マネー導入をコスト削減というバリューでサポートします。
既存ネットワークの有効活用
TMNシステムは、既存のネットワークを有効活用することで、導入に際するコスト抑制も考慮しています。店舗に常時接続回線(光回線またはADSL回線等)があれば、新規回線敷設は不要です。
※加盟店=TMNセンタ間は別途インターネットVPN構築が必要となります。ただし、CCT、タブレット接続型の場合は機器により回線接続方法が異なります。
※店舗ネットワーク設定(作業)等が必要となります。
電子マネーブランドの追加
電子マネーブランドの業務アプリはTMNセンタで保持します。ご導入後、ブランド追加希望の場合でも端末を交換する必要はありません。

POINT 2 優れた拡張性

「TMNシンクライアント決済サービス」の大きな特長である「拡張性」は、大きく2つの軸を中心に展開

機能・サービスの拡張
「TMNシンクライアント決済サービス」では、主要な機能をセンタ側に実装しているため、現行の電子マネー以外にも、ポイントサービス、電子クーポン、会員認証などのサービスと連携、追加することができます。これにより、1台の端末を決済、販売促進の両方に活用いただくことも可能となります。
さらに、EMV規格に対応したサービスの展開も視野に入れております。
ターミナル(端末)の拡張
「TMNシンクライアント決済サービス」では、暗号鍵やネガ情報などのセキュリティ機能をセンタ側に実装しているため、従来の決済ソリューションと比較して、様々なタイプの機器を電子マネーの上位機器として活用できます。この特徴を生かし、タブレット連動型や機器組込型などによる決済サービスを提供し、今後もPOS、CCTといった従来の決済機器の概念にとらわれない幅広い機器に対してサービスを展開してまいります。
これにより、加盟店様の環境やニーズに合わせた端末でのサービス提供が可能となります。

POINT 3 安心の店舗オペレーション

ネガデータ更新なし
ネガデータの更新は、TMNセンタで行います。ネガデータ更新中は取扱できないという不便は一切ありません。
セキュリティ
鍵・ネガデータ・電子マネーブランド業務アプリ等はTMNセンタで保有します。端末の紛失や盗難があっても情報漏洩の心配はありません。